ノロウイルスを確実に不活化!すぐれた除菌・消毒力で大型病院でも導入が進む「セイバープラスZ」

ノロウイルスは、カキなどの二枚貝を主な感染源として、秋~冬を中心に食中毒の症状を引き起こすウイルスです。
ノロウイルスは、呼吸や接触によって鼻やのどの粘膜を通じて人の体内に入ると、小腸の上皮細胞というところで増殖します。その後、胃を働かせる神経の動きを低下させ、吐き気や嘔吐を、続いて激しい腹痛や下痢といった症状を引き起こします。

激しい腹痛と吐き気が特徴のノロウイルス感染

人によっては、発熱や筋肉痛、頭痛が起こる場合があります。症状や重度はさまざまですが、小さな子どもや体力のない高齢者が罹患すると、嘔吐や下痢によって脱水症状に陥りやすくなります。経口で水分が補給できないような場合は、子どもや高齢者でなくても、点滴などによる適切な処置が必要になります。
通常であれば、1~2日で次第に症状は治まってきます。しかし患者の嘔吐物や排泄物にはノロウイルスが含まれているので、それらの処置をきちんと行い、除菌や消毒を徹底しておかないと、周囲に次々と感染が広がってしまいます。

ノロウイルスの一般的な消毒・除菌方法

一般的に、ノロウイルスの消毒や除菌には、熱湯や家庭用塩素系漂白剤を使った消毒液が用いられます。
それぞれの消毒・除菌方法を簡単にご紹介します。

ノロウイルスの消毒・除菌方法 その1 
塩素系漂白剤を用いる

 嘔吐物に直接使用する場合は、1000ppmの塩素系漂白剤を50倍に薄めて使います。

用意するもの

まず容器に水を少し入れます。500ccのペットボトルであれば、そこに漂白剤を5cc入れます。ペットボトルがいっぱいになるまで水道水を足し、キャップをしっかりと閉めてよく振り、混ぜます。

消毒・除菌の仕方

 トイレなどを消毒・除菌する場合は、1000ppmの塩素系漂白剤を250倍に薄めて使います。

用意するものは上記と同じです。500ccのペットボトルの水に対して、2~3ccの漂白剤を混ぜて溶液を作ります。

使い捨てのポリ手袋をして、溶液を含ませたペーパータオルや雑巾を使い、便座やその周囲を消毒・除菌します。マスクの着用も忘れないようにしましょう。 使い終わった手袋やペーパータオル、マスクはビニール袋に入れてしっかりと閉じ、廃棄します。

ノロウイルスの消毒・除菌方法 その2 
加熱処理をする

布製品や布団など、塩素系漂白剤を使うと変色したり劣化したりする場所には、熱湯を用いた加熱処理でノロウイルスを消毒・除菌します。ノロウイルスは、85℃~90℃で90秒以上加熱すると感染力がなくなります。

熱湯消毒をするときは、ペットのトイレに使われるペットシーツを使うと便利です。
まず、たっぷりとお湯を沸かします。温度が85℃を下回ると消毒・除菌効果が弱くなるので、沸騰したお湯を使うようにしましょう。

嘔吐物がある箇所の上に、ペットシーツを広げます。そのとき、防水面を下、吸水面を上にします。吸水面に向けて、たっぷりの熱湯を少しずつかけます。ペットシーツの吸収できる量いっぱいまで、できるだけたくさんの熱湯をかけます。その後、レジャーシートやアルミ製の保温シートなどをかぶせ、温度が下がらないようにして2分程度、おきます。

作業が終わったら、お湯を含んだペットシーツやマスク、使い捨て手袋など、作業に用いたものをビニール袋に入れてしっかりと閉じ、廃棄します。 熱湯を沸かしたやかんや、ポットなどは、上記でご紹介した250倍に薄めた消毒・除菌液で消毒しておきましょう。

瞬時に確実に消毒・除菌できる「セイバープラスZ」

上記のようにノロウイルスの消毒・除菌方法は、とても大掛かりで手間もかかります。しかも、ほんの少しでもノロウイルスが残っていると、そこから感染が拡大してしまう恐れがあります。

そこでご紹介したいのが、ノロウイルスの不活化(働きを弱める)に大きな効果を持つ安定型次亜塩素酸ナトリウムが主成分とする「セイバープラスZ」です(※1)。

安定型次亜塩素酸ナトリウムとは、白血球が体内に入ってきたウイルスなどを攻撃するために放出する成分として知られています。細菌の細胞壁や細胞膜を破壊して、その機能を失わせます。ノロウイルスをはじめとするウイルスを不活化したり(※1)、花粉に含まれるアレルゲンの濃度を半減したり(※2)といった働きを持つ、注目の成分です。

その安定型次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする「セイバープラスZ」は、近年、その除菌・消毒効力から大型病院での導入が広まっています。水が十分に使えない環境でも、感染症予防や除菌消臭に効果を発揮する製品です。

※1 一般財団法人日本食品分析センター(http://www.jfrl.or.jp/)、(財)畜産生物科学安全研究所(http://www.maff.go.jp/j/corp/2012/koukai/022.html)によるウイルス不活性化試験等
※2 ITEA株式会社 東京環境アレルギー研究所のアレルゲン不活性試験による

ノロウイルスの除菌・消毒にも効果を発揮する「セイバープラスZ」の使い方

感染力の強いノロウイルスは、広がらないうちに一刻も早く不活化(働きを弱める)することがもっとも大切です。触れた瞬間にノロウイルスを不活化し、しかも人体への安全性が確認(※)されている「セイバープラスZ」であれば、さまざまなシーンで安心してノロウイルスの除菌・消毒にお使いいただくことができます。
※ 一般財団法人日本食品分析センター(http://www.jfrl.or.jp/)による安全性試験

・患者の看病や汚物の処理時に、マスクにスプレー
ノロウイルス患者のお世話をしたり、嘔吐物の処理をしたりするときには、空気中に飛散しているノロウイルスを吸い込まないよう、マスクの着用は必須です。そのマスクに「セイバープラスZ」をスプレーしておくことで、万が一、ノロウイルスがマスクを通過してしまったとしても、体内に入る直前でノロウイルスを不活化することができます。
また、アルコールのような揮発性の成分ではないので、直接触れても、肌が荒れたり乾燥したりする心配がありません。
・患者の使った食器や寝具、持ち物などにスプレー
感染者が使用した食器や身の回りの持ち物、寝具、衣類といったものに直接スプレーして、ノロウイルスを不活化することができます。安定型次亜塩素酸ナトリウムは、イヤな臭いがなく、人体に対する安全性も確認されている成分なので、食器やタオルといった、直接体に触れるものにも安心して使うことができます。また、スプレーしたものが変色したり、腐食したリする心配もないので、ほとんどの素材に対して使用できます。
・室内の加湿器の水に「セイバープラスZ」を混ぜる
ノロウイルスが流行するのは、秋から冬にかけてのシーズン。この時期は、家庭や職場でも加湿器を使うことが多くなります。その加湿器のタンクの水に、「セイバープラスZ」を7:3の割合で加えておくことで、空気中に常に安定型次亜塩素酸ナトリウムの成分を供給することができます。安定型次亜塩素酸ナトリウムは、ノロウイルスに触れた瞬間に不活化するので、加湿器を併用することで、空気中に漂うウイルスを常に除菌・消毒することができます。

●まとめ

「セイバープラスZ」は国内の大型の病院でも導入が進んでいます。ノロウイルスは、嘔吐や下痢といったつらい症状が起こりますが、嘔吐物の処理など、看護をする人にとっても負担がかかる病気です。1分1秒でも早く対応したいノロウイルスの除菌・消毒に、「セイバープラスZ」をお勧めします。